Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//「整形外科・接骨院・整骨院・整体院・リラクゼーション・カイロプラクティック」いったい何が違うの?

あなたに合った施術院の選び方

「整形外科・接骨院・整骨院・整体院・リラクゼーション・カイロプラクティック」いったい何が違うの?

この記事は約7分で読めます。

from:馨和整体院 長浜院より

日々患者さまと接していると、多くの方に「整形外科・接骨院・整骨院・整体院・リラクゼーション・カイロプラクティック」って何が違うの?ということを聞かれます。

我々専門家からするとこの違いというものはわかっていますが、患者さん側からすれば何がどう違うのか?なんてわからないですよね?もちろん、分からなくて当たり前なんです。

今回は、こうった違いが分からない方のために説明していこうと思います。この違いを知ることで、あなたも今お悩みの辛い状態をどこへ相談すればいいのか?という基準にもなると思います。それではいってみましょう。

目次

「整形外科・接骨院・整骨院・整体院・リラクゼーション・カイロプラクティック」いったい何が違うの?

【整形外科】

まずは、整形外科。最大のポイントは?「お医者さんがやっている」ということです。当たり前ですよね?お医者さん以外は整形外科とは名乗れません。
どんなことをするのか?

レントゲンが撮れる。注射が打てる。保険も効く。とても素晴らしいです!
ただ、馨和整体院 長浜院に来られる患者さんの中には、何故か「整形外科に通っていたけど中々良くならない・・・」という方も数多くお見えになります。

整形外科では、手術もできるし、注射も打てるし、薬も出せるというのに・・・。

しかし、整形外科の強みというのは、何といっても「外傷に強いこと」です。
外傷というのは、例えば骨が折れましたとか、肩外れましたとか、骨が折れて腫れてるのか分からないなどです。
こういった場合、整形外科ではレントゲンやMRIなどを撮って検査ができます。

ただ「慢性痛」などは、整形外科以外のほうがいい場合があります。

捻挫や外傷などは整形外科にまず行くべきでしょうね。

【接骨院・整骨院】

では次に、接骨院・整骨院ですが、これ以外と知らない方が多いと思いますが実は接骨院も整骨院も同じです。どちらを名乗って営業してもいいんです。

整形外科との違いは、「柔道整復師」と呼ばれる国家資格を持った先生がやっています。
主に、骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷などの外傷を保険を使って治療出来るところです。保険を使えるというところは、整形外科と同じなんですが、大きく違うのは、お医者さんがやっているというのと柔道整復師がやっているという点です。

柔道整復師は前に掲げた、「骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷」この5つに関してだけ保険を適用することができます。ですので、「慢性痛」や「腰痛、肩こり」というものに関して保険を適用することはできません。
ですので、接骨院・整骨院では前途5つのもの以外では基本、保険は適用できないということも知っておくといいでしょう。

【整体院】

整体院は、国家資格などが特に無くても開業できます。ただ、柔道整復師の先生でも「○○整体院」と名乗るところもあります。

そのひとつの理由としては、先ほど述べたように保険治療では「慢性痛、腰痛、肩こり」というものに関して保険適用ができないからです。
施術に関しては、正直どこで習得したか?でその整体院によって違いますのでよく分からないところですが・・・。

ただ、資格が無いからダメだということもなく、腕のいい先生や本当にたくさん勉強されている先生も多いのも事実です。しかしながら、資格が必要ないがために誰でも開業できる分、勉強不足、経験不足の整体院もあることも事実です。

紹介や口コミを見てみたりして、そこがどのような施術や考えを持って患者さんのケアをしているのか?をHPなどで調べるのもいいと思います。基本HPのないところや、あってもしっかり内容が不透明なところは避けたほうがいいでしょうね。

【リラクゼーション】

リラクゼーションは、マッサージメインのところが多く、決められた時間で最高の癒しを提供してくれます。町を歩いていると「60分いくら」というような看板をよく見かけると思いますが、そういったサロンなどが当てはまります。
主な目的としては、「気持ちよさ」になります。ですのでリラックスしたい方にはとてもおススメです。

このリラクゼーションに関しても特に国家資格などが必要ではありません。

【カイロプラクティック】

最後にカイロプラクティックについてです。まずこちらの説明をご覧ください。これは日本の「厚生労働省」が2014年に定義したものです。

カイロプラクティックは身体の構造(特に脊椎)と機能に注目した専門医療です。カイロプラクティックの施術法は、施術者によって様々ですが、主に脊椎やその他の身体部位を調整(矯正)することにより、ゆがみの矯正、痛みの軽減。機能改善、身体の自然治癒力を高めることを目的としています。

もう少し分かりやすくすると、
カイロプラクティックとは、薬や手術などを使わずに関節(特に背骨)の異常を矯正することにより「神経機能を回復し」様々な症状の改善及び健康を増進させる手技療法です。

カイロプラクティックは背骨や骨盤の問題(歪み)を取り除くことで、神経機能を回復させ自然治癒力がしっかりと発揮できるようにすることが目的です。ここが他との大きな違いでもありとても重要なところです。

更に施術により背骨や骨盤の問題(歪みなど)を取り除き、それを「維持・予防」させるために、運動療法・栄養療法・物理療法を取り入れて患者さまにベストな状態を保ってもらうことも指導させていただきます。

実はこのカイロプラクティック、世界保健機構(WHO)によって「補完代替医療」に分類されています。補完代替医療とは、西洋医学ではなくそれを補うもの、もしくはとって代わる医療ということを指しています。要するに、病院に行く以外に「カイロプラクティックを受けてみてはいかがですか?」というものです。

世間では、カイロプラクティックは背骨をボキボキしたりして怖いというイメージをお持ちの方も多いかと思いすが、実際はそんなこともなく、実際に当院を受診される多くの患者さまは上記に掲げた医療機関などで望む結果がなかなか得られなかった方がいらっしゃいます。

実際に私自身も、カイロプラクティックの本場アメリカのテキサスカイロプラクティック大学にて実習をさせていただいておりますし、アメリカと日本のカイロプラクティックに対する考え方や捉え方はかなり違ったものがあります。

【まとめ】

ここまで、それぞれの違いを見てきましたがあなたの状況や目的に応じて医療機関や施術院選びをする時の参考にして頂ければと思います。

まずは、「国家資格を有するところ」。要は保健が適用されるところです。
整形外科、接骨院、整骨院などになります。ただし、「慢性痛や肩こり」といったものに関しては保健が適用されませんので注意してください。

そして、「民間療法で特に国家資格を必要としないところ」。こちらは、正直行ってみないと分からないという側面もありますが、国家資格がないからダメということでもなくしっかりと勉強している先生や、腕のいい先生もたくさん見えます。しかしその反対も実際にあることは否定できません。

ただ民間療法のほうが「悩みの深い人が行く」ケースが多いというのも事実です。

あなたがどこの施術院や医療機関を選ぶときの基準として、保健適用で受けたいのであれば、整形外科、接骨院、整骨院でしょう。しかし、多少お金がかかっても「しっかりと改善したい」とお考えであれば私は民間療法の整体院やカイロプラクティックをオススメします。ただ、行く前にHPや口コミなどのリサーチはしておくことはお忘れなく。

あなたの施術院選びの参考になればと思います。

ブログ一覧